2014年11月24日月曜日

全日本大会2日目

ハーフサイズエキスパートクラス決勝に出場.
結果は準優勝.大先輩の本気を思い知らされた感じでした.
それでも全日本2年連続4位から脱して表彰台入りできましたし,素直にうれしく思っています.


今回は「明らかに最短と考えられるルートの1つで走行しタイムを出す」という目標を初めて達成できました.
ちなみに,2010~2013年大会までの4年間,ハーフサイズの32×32でこれができたのは各大会の優勝者だけです.(それより前は知りません)

今年もそうなると思っていたら,最短ルート走行を達成して9秒台に多くの人が集まるデッドヒートになって正直ビビってます.
迷路との相性もあるでしょうが,確実に技術が蓄積されていってる感じで強敵が次々出てきてますね.

しかし,あの大会で8秒台出して頭一つ抜けるというのは,,,
まだまだ私は詰めが甘いですね.特にソフトが.
さて,また来年に向けてスタート.ハードをマイナーチェンジしたいけど当分はソフトウェアの改良に注力します.


私一人だけ南回りの変なルート走ったけど,アレ本当に最短ルートだったのかな?
今年2回目のルート生成ソフト見直しすべき?
直線最高速攻めるとあのルートになると思うけど.

2 件のコメント: